« 2013年3月 | トップページ

2013/04/19

18年間

▼ごん
20130419


↑は、およそ8年前のごん。

facobookで既にご存知の方も何人かいらっしゃるかと。

2013年4月15日夕方

ごんはお星さまになりました。
様子がおかしいと思って病院に連れて行ってから1週間ほどでした。
いつかこの日が来るとは覚悟していたものの。。
以下、FBからの転記です。

**********
18年間、ありがとう。

プロフ写真にもなってる我が家の愛猫、ごん。
昨日夕方、お星さまになりました。
18歳2ヶ月、ほぼ18年間一緒に過ごしました。

出会ったのも春。
何があっても、どんな時も、側にいて見守ってくれたごん。
ごんのおかげで今の私があるようなものです。
何て言えば伝わるかな?
... 感謝してもしつくせないくらい。。
ありがとうとしか言えない。
言葉が見つかりません。

殆ど歩けなかったのに、トイレでおしっこしてたこと、皮下点滴してあげると起き上がって「うなー」とないてくれたこと、そして最期の瞬間がいつだったか分からないくらい静かに眠っていたこと。
短か過ぎず長過ぎない、お別れまでの時間を、私達に作ってくれたこと。
最期の最期まで飼い主孝行な子でした。

ごんの白くて柔らかくてとろけそうなすべすべの毛並みは、美しいままです。

**********


いやいや、ごんは、まだお星さまにはなっていません。

「ごんちゃんはお星さまになるんだよ。
お星さまになるのはとっても大変。
まず、ずーっずーっと向こうの空にある、大きな大きな虹の橋をのぼって行くの。
虹の橋はとっても大きいのでのぼるのも大変なのねー。
そして、一番高いところに着いたら、ぴよーーんと力いっぱい空に向かって高~く飛んで、、
そして、お星さまになるんだよ。」

「どうやってお星さまになるの?」
と聞くちびQさんには、こう説明しました。
「虹の橋伝説」とは全く違うけど。。汗
思いつきで説明したものの、私もそういうことだと思い込むことにしました。

ごんは猫という肉体から解かれ、今、自由の身となっています。
今頃どこいらへんをウロチョロしてるんだろうねぇ。

それまでは、ただ辛くて淋しくて悲しいだけだったけど、
お骨となって帰ってきた今は、不思議と安堵感があります。
私が鈍感なのか、ごんの魂の気配すら感じません。
きっと自由に遊びまわってるんだろうなぁ。
時々飼い主の事も思い出してね。。。

« 2013年3月 | トップページ

フォト

なんかんSearch


  • なんでんかんでん内の記事が検索できます
  • @過去倉庫
    ずいぶん前の記事(2004年9月~2006年1月)はこちらです
  • @THE GON
    辛い時、悲しい時、イライラしている時はこれを見て吹っ飛ばそう!
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ